chlonolog

web, digital gadgets, and more.

Ulyssesのユニバーサル版と、MacのIMEで放浪するおはなし

とうとうUlysses iOS版がユニバーサル化されました。いつも通り開発元から「イヤッホゥ!」ってなノリのやたらファンキーなメールが届きましたが、その頃にはもう購入してました。
あんまり値下がってなかったのが残念ですが、そこはご祝儀だと思うことにします。ご祝儀なら満額払えというのはまあ置いといて下さい。ついこの間まで半額セールしてたのにiPhoneしか持ってない為買えなくて、すっごいイーッてなってたので。


いじってみた感想としては、なかなかいい感じだなーと。Mac版で入れていたテーマもちゃんと同期されるのは素晴らしいですね。
ただDropboxのファイルを読めないのは想定外でした。これはDropbox側のの問題なんでしょうか。とりあえずテキストは全部iCloudに移動させてみました。
外部ファイルとして置いておくと、フォルダ管理出来ないのが難点。Mac版のように外部フォルダをごっそり取り込んでくれれば便利なんですけどね。公式を見たところ対応するつもりはあるみたいなので、実装を楽しみに待ちたいと思います。
テキストは他のエディタでも開いたりするので、他エディタから読めなくなるUlyssesのファイル管理は少し不都合なのです。まあ全部Ulyssesでやれよってことなんでしょうが。

ところで現状UlyssesからWordpressへポストする方法はないのですが、ぐぐったところAutomator+Rubyでなんとかしている方を発見。なるほどなあ。 要はUlyssesで生成したスニペットをWordpressへぶん投げてるみたいです。

実行にあたり、wp-post.rbに設定情報を記入する必要があります。 hostはhostであってurlではないので、http://をつけないのがポイント。

    5 wordpress = XMLRPCClient.new_from_hash(
    6  "host" => "chlono.e-whs.net", // ←サンプルとして、うちのホスト
    7 "user" => "(WordpressのID)",
    8 "password" => "(Wordpressのパスワード)",

実行してみましたが、コードは無駄なスペースが入ってしまうので手直しが必要です。まあうちはプログラミングブログじゃないので別にいいんですが。
後はパーマリンクを設定出来たら完璧だったんですけど、そこまでは出来ない模様。まあ海外の方はいちいち指定する必要ないものね……。

……とここまで頑張ったのですが、せっかくMarkdownで書いてるんだからコピペでいいんじゃね?という結論に達しました。ナンダカナー。
WordpressだったりJetpackで使えるMarkdownとUlyssesが実装しているMarkdown XLは若干違うので、そこだけ注意かなあ。

さて、こうなるといよいよMac側のUlysses + AquaSKKの問題をどうにかしたいところです。
でもどうせこんなニッチな組み合わせなんともならんやろ……とやさぐれていたところ、同じ組み合わせで同じ問題にぶつかっていた方を見つけました。探せば出てくるものです。

Macアプリのビルドってそういえばやったことないなあ……とちょっと腰が重くなりましたが、公式を見たら普通に方法が書いてあったのでこの通りにすることに。

    $ git clone https://github.com/codefirst/aquaskk.git

ソースを持ってきて、該当の場所を修正。

    40 void SKKOkuriEditorWriteContext() 
    41 // context()->output.Compose("*" + okuri_);
    42 // Ulysses暫定対応
    43 // https://github.com/codefirst/aquaskk/issues/11
    44 context()->output.Compose("^" + okuri_);
    45
    46 update();

Xcodeは既に入れてあるので、後はビルドするだけ。

    $ cd aquaskk/platform/mac
    $ make pkg
    
    productsign: error: Could not find appropriate signing identity for “Developer ID Installer: (開発者様の名前)

あふん。Apple Developer契約が必要だった模様。そうですねそうですよね。
前持ってたけどもう切れちゃってるので、どうしようかなあ。

大元のSKKではいけたりしないかなーとMacUIMも入れてみたものの、そんな微妙なところの区切り文字の修正は環境設定にありませんでした。詰んだっぽいです。無念。
Google IMEに戻るしかなさそうですね。SKK、好きなんだけどなあ……。

コメント

© 2018 chlono