chlonolog

web, digital gadgets, and more.

Ulyssesバージョンアップ/IMEジプシーが終わりました

Ulyssesがバージョンアップにより、Wordpressへ直接ポスト出来るようになりました。やった!超待ってた!!
試してみましたが、よくあるブログエディタがHTMLにコンバートしたテキストを送るのに対し、UlyssesはHTMLとMarkdownを選択出来ます。要らないタグを送りたくなかったのとMarkdown形式でポストを管理していたのとでブログエディタへの移行を躊躇っていたので、これは本当に嬉しい。
アクションに「エディタを開く」を指定すればそのままブラウザの編集画面へ移行可能です。スラッグもきちんと指定出来ますし、抜粋については添付メモが、タグはシートへ付けたキーワードが反映されます。うむ、隙がない。
画像をIMGで埋め込めば、ポスト時にちゃんとアップロードもしてくれます。Lityを使っている兼ね合いで埋め込みのHTMLタグを修正しなければいけない為結局二度手間になるんですが、それでもアップロードしてくれるだけで充分有り難いですね。

そうそう、以前「Dropbox連携まだかなー」なんて言っていたのですが、今回のバージョンアップでとうとうiOS版にDropbox直接連携も実装されました。
しかし個人的に昨今は「本文にコメントを入れまくってそのまま保存→ポスト時はクイック書き出しで出力」という運用になってしまっている為、今更Dropboxにテキストを出力することもないかなという状態なのがちょっと惜しいところ。出来れば外部ファイルに対しても拡張Markdownを反映させてもらえたら有り難いんですけど、難しいんでしょうかね。
あと、シート間検索も実装されましたね。後はブックマーク機能がiOS版につけば完璧です。いつかやってくれるのを期待したいところ。


環境の話といえば、先日「かわせみ2」を入手しました。

辞書自体はGoogle IMEなどに比べればそれほど賢くないものの(それでもMacの日本語IMよりはマシかな?)、カスタマイズをしたら超使いやすくなりまして、今は完全にこれ一本になっています。
元々単語ごとに手動で変換をするようなスタイルだったのですが、かわせみを使うようになってからは意識して句読点変換を心がけています。

  1. 変換直後の文節カーソルを末尾に設定し、「、。」を入力した時点で変換。
  2. 修正がなければ右端へカーソルを移動させて確定し次へ。
  3. 修正があるならカーソルで左へ移動して直した上で右端へカーソルを移動。

こんな感じ。
文節を毎回きちんと修正してゆくことでどんどん癖を覚えてくれて、使い込むほどに変換効率が上がっています。今は3がほとんどなく、1と2だけで7割ぐらい回っている感じ。
うっかり変換し損ねたまま確定しても、後述する確定文字列の再変換を使えば再入力する必要なく変換し直せてらくちんです。
日本語IM(MacOS標準IME)も一ヶ月ほど本気で使用してみたのですが、あちらは本当に変換を覚えてくれない為修正がストレスになり、「自分で変換した方がよっぽどまし」とという結論に達し選択肢から外すことに。ライブ変換は楽しかったので、癖をきちんと記憶してくれるようになるならまた使いたいなあという感じです。

後は、確定文字列の再変換と類義語変換がとにかく神。
再変換は変換ミスしている文章を選択しスペースキーを押すだけで、その文章を再度変換し直してくれます。漢字の場合音読みと訓読みでたまに上手くひらがなへ戻ってくれないこともありますが、大概はばっちり変換し直しが出来ます。ATOKにも確定のアンドゥはありますが、スペース一発なのでこちらの方が手軽。
類義語変換は、単語を入力してショートカットキーを打てばその単語の類義語を変換リストとして表示してくれる機能。うちはCtrl+Aを設定しています。
こちらが普通の変換。

かわせみ2の通常変換

類義語変換だとこんな感じに。

かわせみ2の類義語辞書

もちろんこれだけで事足りはしないので結局書籍やWebの類語辞典も併用することになりますが、それでもさっと確認出来るのでとても便利です。

いろいろとIMEジプシーしてきましたが、ようやく満足の行くものに辿り着いたなーという感じです。
Google IMEについては変換候補がSocial IME的な語彙になっているせいで「これってメジャーな言葉か?」と悩むことがよくあって、昔は使用していたものの結局避けるようになりました。流行には聡いので、Twitterなんかで入力する際には便利なんですけどね。

コメント

© 2018 chlono