chlonolog

web, digital gadgets, and more.

文字書き環境のはなし

MacのエディタはUlyssesというものを愛用していたのですが、ここしばらくNotebooksに浮気していました。

理由は簡単、iPhoneアプリがあるのと、アプリの挙動が軽いから。 どちらもDropboxのファイルを編集する為に使っているので、専用アプリがあろうがなかろうが編集に不便はありません。でも、せっかく買ったのでと使い込んでおりました。
その間にIMEもGoogle IMEからAquaSKKに変更したのですが、「そろそろUlyssesもiPad版がユニバーサルになるし楽しみだなー!」とUlyssesを起動してみたところ、これがAquaSKKと非常に相性が悪いことに気付いてしまいました。
具体的に言うと、Macの方でショートカットキーを変更してみても、何故か変更されずCommand+ほにゃららで強調が入ってしまうのです。
出来心でAquaSKKを使ってみたらこれが手に馴染んで(元々Emacs使いで修飾キーが好き、という特殊な性癖持ちだからだと思いますが)しまったので、どうしたものかなあと悩み中です。
Notebooks一本にしてもいいんですがファイル結合が不便だし、何よりエディタ部分が弱いんですよね。行間設定出来ないし、見た目もあまりよろしくないし。iPhone版は行間設定出来るのに、どうしてMac/Windows版は出来ないんでしょう。あとやたらとplistを量産するので、Finderで見るとげっそりします。あれは本当にいただけない。全部ゴミ箱に突っ込みたくてたまりません。
どうしようもなければUlyssesの時だけGoogle IMEに切り替えるという手で乗り切るしかないのですが、ついShiftを押してしまいがちで悩ましいところです。


Ulyssesの画面はこんな感じです。 Ulyssesの方がMacらしくてお洒落です。Markdownの機能も充実していて、とても使いやすいアプリ。テキストを指定部分で分割してくれたり、複数テキストを結合出力してくれたり、とファイルの扱いにも長けた賢い子です。 難点は、ちょっとだけ重いこと。(うちのマシンが年寄りで非力なだけなのですが……)

Ulysses

Notebooksはこんな感じ。

Notebooks

機能としてはどこにおいてもUlyssesに劣ります。唯一のメリットはUlyssesより軽いことと、タスク管理が可能なこと。とはいえ他のアプリでタスク管理していると、あまりメリットが活かせないんですよね。かろうじてネタ帳をタスク形式で保存して、使ったらチェックを入れる感じで運用しています。
ファイルブラウザ的に使えるのもエディタとしてはメリットですが、Ulyssesの方がやっぱり使いやすいんですよね……。無駄なファイルも作らないし。

もうひとつ愛用しているエディタというと、TATEditorです。MacでもWindowsでも使っています(Windowsではほとんど文字書きしませんが)。

こちらは今回の原稿で大活躍でした。執筆最中にバグ報告しまくったので、作者様に面倒臭がられていないか若干不安なのですが。
PDF出力周りなどをほぼリアルタイム(報告したその週末)に修正して下さったりしたので、大変有り難かったです。特に左右マージン設定のバグ修正は本当に助かりました。カスタムサイズ出力が実装されたので、塗り足しにも対応可能になりましたし。
個人的に昔からリッチテキストが嫌いでWord何それ美味しいの?な人間なので、プレーンテキストのまま段組PDF出力できるこのエディタはこれだけで神認定です。
ついでに独自フォーマットだったり青空文庫フォーマットだったりが使えて、割注やルビ、縦中横といった特殊表示がエディタ上で完結するのも素晴しいです。

コメント

© 2018 chlono