chlonolog

web, digital gadgets, and more.

IMEのトグル問題ふたたび

Mac miniのOSをとうとうアップグレードしました。一足飛びでEl Capitan→High Sierraです。クリーンインストールしたので動作が軽くなったような、それほど変わっていないような……? とりあえず重くは感じないので良しとしましょう。

ということで、以前散々頭を悩ませた「IMEの切り替え問題」といよいよ正面から向き合うことになりました。
先送りにしていた間にKarabiner-Elementsのバージョンが上がり、面倒なことをしなくても英かなの切り替えができるようになっていました。といっても、「左右のCommandを英・かなのIME切り替えに割り振る」という設定で、私がやりたかった「CapsLockでIMEのトグルを行う」という設定ではありません。
いろいろ調べてはみたものの、どうやら以前と同様な設定はどうやっても不可能な模様。
ということで、ぎりぎりの妥協案として「CapsLockで英数、左Commandでかな」という設定にしました。


Karabiner-ElementsのComplex ModificationsAdd ruleから、「Import more rules from the internet」を選択。するとブラウザで拡張設定のリストが表示されるので、「For Japanese(日本語向きの設定)」をインポートします。

Complex Modifications

この設定の中には、「コマンドキーを単体で押したときに、英数・かなキーを送信する」というそのものずばりなものが含まれています。ありがたいですね。

インポートが済んだら、右側のEnableでルールを追加。
しかしこの設定、ダウンロードした段階では「左コマンドキーはかな、右コマンドキーは英数」となっています。個人的にIME周りは左手に集めたいので、インポートした後で設定ファイルを直接いじりました。
Karabiner-Elementsの設定ファイルは、~/.config/karabiner/karabiner.jsonです。
jsonファイルを開き「japanese_kana」と「japanese_eisuu」を入れ替えれば、「左Commandは英数、右Commandはかな」となります。
あとはSimple ModificationsCapsLock右Commandに割り振れば、「CapsLockで英数、左Commandでかな」になりました。

Simple Modifications

いまいち手に馴染みませんが、そのうち慣れるかな……。

コメント

© 2018 chlono