chlonolog

web, digital gadgets, and more.

Macをクリーンインストールしました

このたび、Mac mini(Late 2012)のOSをクリーンインストールしました。

発端は、入れたばかりのScrivenerがやたらと落ちることでした。
それだけなら「アプリが悪いのかなー」とも思えたのですが、今度はずっと安定稼働していたCotEditorまでもが不正終了するようになり、「これはMacの方に問題があるのでは」と思うようになりました。
セーフモードでOnyxを動かしても安定しなかったため、このたび潔くクリーンインストールと至った次第です。

せっかくなので、クリーンインストールのあとにやったことを書き出してみました。


macOSをクリーンインストール

Macの起動時にCmd+Rを押すことで、リカバリモードに入ります。
データが残らないようディスクユーティリティでHDDを消去した上で、「macOSを再インストール」。
間違って他のデータディスクを消去してしまわないようご注意を。

必要なアプリをインストール

最低限これらをインストールすれば、作業が進められます。ブラウザについては私の好みです。

Time Machineからデータの復元

必要なファイルのみ復元します。
Dropboxに入っているものでも、ダウンロードに時間のかかるデータ(iTunesの音楽ファイルなど)は復元で取り出しています。

各種設定ファイルのシンボリックリンクを作成

再インストールなどを行うたびにあちこちの設定ファイルを手動でコピーするのは面倒なので、私は以下のアプリの設定をDropboxに保存しています。

Karabiner-Elements
~/.config/karabiner/
VSCode
~/Library/Application Support/Code/User/
Window Tidy
~/Library/Application Support/Window Tidy/
QuickLook
~/Library/QuickLook/
Safari
~/Library/Safari/Extensions/
Fonts
~/Library/Fonts/

再インストールのあとは各設定ファイルの場所に対し、Dropbox内からシンボリックリンクを張っています。
Macでシンボリックリンクを使うには、ln -sでもいいのですが、SymbolinkLinkerを使うと便利です。

karabinerの設定ファイルは隠しフォルダの配下にありますので、Command+Shift+.で隠しファイルを表示した上で作業します。
Fontsフォルダは通常では削除できませんので、sudoコマンドを使って削除した上で、シンボリックリンクを貼っています。

Alfredの設定もDropboxにバックアップしていますが、Alfredはアプリ自体にSyncingの設定がありますので、そちらの読み込み先をDropboxに変更するだけです。

ハードリンクできるようにする

大概のアプリはシンボリックリンクを張るだけで動いてくれるのですが、Scrivenerの「~/Library/Application Support/Scrivener/Compile Formats/」(エクスポートの「マイ フォーマット」に当たるファイルが格納されているフォルダ)だけは、エイリアスやシンボリックリンクを作っても認識してくれませんでした。
なので、ハードリンクすることにしました。

Macはデフォルトでディレクトリのハードリンクを作れないので、ツールを入れます。

brew install hardlink-osx

Scrivenerのマイ フォーマットのディレクトリをハードリンク

cd ~/Library/Application\ Support/Scrivener/
hln ~/Dropbox/Scrivener/Compile\ Formats 'Compile Formats'

homebrewをインストール

公式に書かれている通り入れるだけ。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

nvmをインストール

こちらのサイトが分かりやすくまとまっています。

cd ~/
git clone git://github.com/creationix/nvm.git .nvm
cd .nvm
chmod 755 nvm.sh
./nvm.sh
export NVM_DIR="$HOME/.nvm"
[ -s "$NVM_DIR/nvm.sh" ] && . "$NVM_DIR/nvm.sh"
nvm install --lts

gulpをインストール

公式の通りに実行します。

npm install gulp-cli -D
npm install gulp -D

ImageMagickをインストール

brew install ImageMagick

pandocをインストール

brew install pandoc

Hexoをインストール

プロジェクトはまるごとDropboxでバックアップしていたので、globalに入れていたHexoをインストールし直すだけで問題なく動きました。

npm install -g hexo

クリーンインストールしてどうなった?

不安定になっていたScrivenerやCotEditorは、今のところ安定して動いています。よかったよかった。

コメント

© 2018 chlono