chlonolog

web, digital gadgets, and more.

WordpressからHexoにしようと思います

少々思い立ち、サイトをまるっと静的サイトに移行させるべく試行錯誤しています。

Wordpress → 静的サイトへ

元々Markdownが大好きな上、過去にも仕事のメモをxyzzyで書いてchalowでHTMLに変換したりしていたので、実はWordpressよりも自分に向いている方法なんじゃないかなーと思ったのです。
あとは、サイトの運用にまつわるもろもろの解消ですかね。
このサイトはWordpressで運用していますが、同じサイトの配下に二次創作のサイトもあるため、まるごと検索エンジン避けの対応を入れています。しかし、表のサイトは別に避けなくてもいい訳で……。
静的サイトにしてしまえば、特定のフォルダ配下だけに検索避けの設定をしっかり行えるようになります。こちらの方が、行動理由としては大きいでしょうか。
それに、長いことWordpressを運用していると、どうしても重さが気になってきます。昨今はセキュリティも気になります。
その辺を解決するには、やはり静的サイトかなーと。


Hexoを選択しました

ジェネレータはひと通り調べた結果、Hexoを採用しました。

最初はMWebで手軽に済ませようかとも考えたのですが、ページネーションがどうにもならないのとテンプレートを柔軟に設定できなさそう(どちらもできるのかもしれないけれど、調べても情報が出てこない)ので諦めました。すべてがGUIで管理できるなら、すごく楽なんだけどなあ。無念。

Hexoの環境そのものはnpmで簡単に作成できまました。ページングだとかもろもろのパッケージがうまく動かなかったりして、そのあとは少し手間取りました。
タグのスラッグの指定方法がなかなか見つからなかったのですが、「_config.ymlのtag_mapに羅列」という、分かってしまえばなんて簡単なんだ!という方法で、少し拍子抜けしました。設定した内容は、tag.nametag.slugで参照できます。カテゴリも同じ方法です。単純明快で大変よろしいですね。


Wordpressからの移行はひと手間必要

Wordpressのデータの移行にはhexo-migrator-wordpressを使いましたが、改行が見事に吹っ飛んでいたり、ヘッダ部分に「url: 数字」の行が入っているせいでパーマリンクが全部数字になってしまっていたりして、結局全記事に手を入れる羽目になりました。「全文コピペするよりはまだましだった」と、前向きに考えることにします。

そんなこんなで手間はかかりましたが、一度動いてしまえばこっちのもの。
今はお手軽に直せそうなBootstrap対応テーマ(Bootstrap Blog)をベースに、あれやこれやと修正を施している次第です。でもApolloも捨てがたい。


開発環境

開発環境は、BracketsPreprosiTerm2です。
BracketsにはBrackets SASSというSASSを保存するだけでCSSに変換してくれる拡張機能がありますが、設定ファイルの書き方がいまいちぴんとこなかったので、お手軽なProprosに流れました。
同種のアプリであるKoaraでなくProprosを選択したのは「ちょっとよさそうだし見た目も綺麗なので」というぼんやりした理由です。FTP機能なんかを使うようになれば、Koaraの使い勝手を上回るんですかね。

コメント

© 2018 chlono